ニュース&トピックス
お知らせ
更新日:2013/11/09

第一ゲーテアヌムパネル展示と解説のご案内

スクリーンショット 2015-01-26 16.00.03
 ●パネル展示
  日時:2013年11月9日(土)13:00~17:00/11月10日(日)10:00~15:00
  会場:NPO法人京田辺シュタイナー学校 2階ホール (入場無料、申込不要)
 
 ●本校設計者 伊藤壽浩による解説
  「第一ゲーテアヌムについて」
  日時:11月10日(日)13:00~
 
 

パネル展示チラシ.pdf

 
 
第一次世界大戦が勃発する前年の1913年9月20日、スイス・ドルナッハの丘の上に第一ゲーテアヌム の礎石が据えられました。ゲーテアヌムはルドルフシュタイナーによる神秘劇の上演劇場として、また人智学 のための精神科学自由大学として建設されました。
そしてこの建物そのものが人智学を語るものとして、建築 のみならず、内部の彫刻、絵画、色ガラス、パイプオルガンまで含めた総合芸術としてシュタイナー自身の手 によって設計されました。しかしこの類稀な木造建築は、わずかな期間この地上に存在しただけで1922年 の大晦日不審火によって炎上消失してしまいます。
この第一ゲーテアヌムの定礎100周年にあたる今年、ドルナッハを中心に様々な記念行事が行われ、東京 では9月20日に記念講演が行われました。
この記念すべき年に、ここ京田辺でも今回制作されたものをお借りして、パネル展示が開催されることになりました。普段目にする機会の少ない第一ゲーテアヌムの姿をこの機会に少しでも多くの方にご覧いただき、 「造形言語として語られた人智学」に触れていただけたらと思います。
 
 ●ゲーテアヌムとは――スイスのドルナッハに建つルドルフ・シュタイナーが設計した建築物。普遍アントロポゾフィー協会本部であり、精神科学自由大学が置かれ、シュタイナーの神秘劇とゲーテのファウストが定期的に上演されている。木造の第一ゲーテアヌムは竣工後9年にして不審火により焼失、現在の第二ゲーテアヌムはシュタイナーの手によるクレイモデルをもとに建設された。
 
 ●学校報プラネッツ最新2013年秋冬77号にて、芸術特集ー京田辺シュタイナー学校における芸術教育ーで「建築」について紹介しております。

 

ニュース&トピックス一覧へ
メールマガジンで入学・編入に関する情報を受け取る
入学・編入学をご検討中の保護者の皆様からのお問い合わせをお待ちしております。
お問い合わせはこちら
このページのトップへ